x86でもAndroidが動くようにするプロジェクトがあるらしい。

Android-x86 – Porting Android to x86
http://www.android-x86.org/

自分でビルドするのは面倒だなーと思っていたら、ビルド済みのイメージファイルが色々と出回っているみたいです。
とりあえずここのイメージファイルを使用させていただきました。

Android USBブートイメージ -最新版- — MIRACLE LINUX
https://www.miraclelinux.com/jp/online-service/download/embedded/android2

Linuxからだと、説明に書いてあるようにddコマンドでUSBメモリに買い込めば大丈夫。Windowsからだと、DD for Windowsというソフトを使うのがミニマルで良いと思います。

DDforWindows – Silicon Linux Wiki
http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/index.php?DDforWindows

で、あとはBIOSの設定でUSB起動を優先するようにしておけば、Live USBとして起動します。インストールするものよし、Live Androidとして利用するのもよし。
ただ、初代VAIO type P(VGN-P90HS)では使いものにならないレベルでもっさりでした。残念!

注意点が2つほどあります。

  • そのままだとマウスつかえない
  • x86対応アプリでないと動かない(非公式のx86用マーケットアプリがプリインストールされています)

よって、基本はキーボード操作になります。ただし、マウスはカーネルにパッチを当てれば使えるようになるらしい。
でも普通のAndroidアプリの資産が使えないとなると、魅力が半減だよなぁ。今のところ、あまり実用的ではないですね。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now

*