ご存知の通り、Amazon.co.jpでは商品コードとしてASINという10桁の数字とアルファベットを混ぜた文字列を使っている。
商品の個別ページはこのASINコードを利用して参照できるが、おそらくは歴史的な経緯から商品ページには以下の2つの形式のURLが認められている。

  • ずいぶん昔からあるほう http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/**********/
  • 比較的新しい書き方*1   http://www.amazon.co.jp/gp/product/**********/

ただし、アスタリスク部分がASINコードであるとする。これらは両方同時に有効な書き方であり、ASINコードが同じならどちらも同じ商品ページを参照する。
そして、アフィリエイトを適用させるには、これらの末尾にアフィリエイトIDを付ければ良いらしい。

が、調べているうちにこんな不吉なページを発見した。

hxxk.jp – Amazon の http://www.amazon.co.jp/dp/ASIN No. 形式ではアソシエイト ID が使えない !?
http://hxxk.jp/2007/02/26/2230

これはずいぶん古い記事で、結論から言うと間違いである。
当時はその記事の通りだったのかもしれないが、現在では/dp/product/ASINコード 形式の末尾にアフィリエイトIDを付ければきちんと適用される。

よって現在Amazon.co.jpのURLに手動でアフィリエイトを適用させようと思ったら次のような手順を踏めば良い。

1.ASINコードを特定する
2.www.amazon.co.jp/gp/product/ASINコード/ の形にする
3.末尾にアフィリエイトIDをつける

最終的には以下のような形式になるはずである。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/ASINコード/アフィリエイトID/

一応複数の商品で検証してあるが、間違いがあったり情報が古くなっている場合はコメントをいただけるとありがたい。

  1. ASINがISBNコードの場合、つまり商品が書籍の場合は/product/が省略可能 []
Trackback

no comment untill now

Add your comment now

*